NEWS

介護負担軽減・業務の効率化|福)かるべの郷福祉会

1.かるべの郷では介護負担軽減・業務の効率化にいち早く取り組んでいます。

 ①インカムシステム(平成30年導入)

 ②ノーリフティングケア(令和2年導入)

  毎月「ノーリフティングケア(NLC)委員会」を行い、お客様一人一人に合った移乗方法検討しています。

 ノーリフティングケアとは、利用者様の身体を人の手で持ち上げたり、抱え上げたり、ベッド上で引きずって移動しない介助方法です。車いすやベッドから移乗する際に、リフトなどの福祉機器を適切に使うことにより、介護する側・される側の双方の負担が軽くなるメリットがあります。 利用者様への質の高い介護サービス提供が可能となり、また、介護職員の腰痛予防や介護負担軽減につながります。

 ③社内連絡網システム(安否確認システム)(令和2年導入)

 ④見守りシステム(令和4年2月導入)

『A.I.Viewlife』
個人情報漏洩防止・プライバシー保護に配慮した「看護・介護現場の見える化」を実現させた介護ロボットであり、拘束しない見守りを目指した看護・介護職の業務支援を担う次世代型の見守りロボットです。

 

2.かるべの郷福祉会は、働きやすい職場づくりと健康増進に取り組んでいます。(令和3年度正規職員離職率3.6%)

 ①全額法人負担で人間ドック(35歳以上)

※女性向け標準検診項目
・乳がん検診(マンモグラフィー2方向撮影・乳腺超音波検査)
・子宮がん検診(頸部細胞診・経腟エコー)

 ②敷地内禁煙(喫煙率/10.4%)

 ③ユースエール認定企業(兵庫労働局認定)

 ④ホワイト企業認定(プラチナ)(一般財団法人日本次世代企業普及機構認定)

 ⑤健康経営優良法人認定(経済産業省)

 

お問い合わせ

POST:2022.11.20