かるべの郷ブログ

あの世に行ったら世界旅行

グループホーム入所中のFさん(50代女性)は、

小さいころからお母さんと親一人子一人で仲良く暮らしてこられました。

現在Fさんはグループホームで生活され、

お母さんはご高齢で施設に入所されています。

Fさんとお母さんの絆は強く、よくお母さんの話をされています。

 

そんなFさんは、肩たたきの名人でもあり、

今日は私はお昼休みに肩たたきをしてもらっていました。

そして背中でぽつり。

「お母さんが亡くなる日がくるかと思ったら悲しいけどな、

でも死んなったら、世界旅行をするんやと私は思っとる」

「パリやらローマやらアメリカやら中国やら台湾やら香港やらフランスやらドイツやら

(とやたら国の名前を挙げておられました。笑)」

「いつか亡くなるのはさみしいけど、だーれもが通る道やでな」

そこからなぜか、北朝鮮の拉致問題という、大きな話へそれていきましたが・・。

 

自分の親や、自分が死ぬことについて、Fさんはそんなふうに受け止めておられるんだなと、

肩たたきをしてもらいながら、じーんとした昼休みでした。

 

●●●求人:かるべの郷では就職・転職希望者を募集しています●●●
*豊岡市・朝来市・養父市・香美町・福知山市・丹波市から通勤可能。
正社員、パート職員とも募集中です。(ハローワーク登録済)
福祉サービス業(高齢者介護、障害者福祉)にご興味がある方はぜひご連絡ください。
*特養と養護勤務の場合、夜勤1回につき10,000円支給!
*ドリームワークスの利用者さんも募集しています。
◆詳しくは、079 664 1875 まで◆


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>