かるべの郷ブログ

「 ドリームワークス(就労継続支援B型事業所) 」 一覧

視線の先には・・

写真

さて、ドリームワークスの利用者さんが、

釘づけになっている視線の先には、何があるのでしょうか~?

正解は、「1か月の勤務時間数の表」でした。

 

表はランキングになっていて、

一番多く働いた人から、一番休んでしまった人まで、

ひと目で分かるようになっています。

 

「よっしゃ、○番や」

「なんでこんなに下のほうなんやろ・・」

いろいろな声が聞こえてきます。

 

この勤務時間数のほかに、勤務態度や仕事ぶりを合わせて、

「一か月の仕事評価」をはじめています。

 

居心地の良さを保ちながら、

やりがいと意欲を持って働く人が評価される職場づくり、

試行錯誤中です。

べてるまつり in 浦河

image

先週金曜日は利用者のみなさまにわがままを言って、

ドリームワークスを閉めて、

8月29日(金)~31日(日)まで、北海道浦河町まで行ってきました!

 

浦河町には、”べてるの家”という、おもしろい場所があります。

http://bethel-net.jp/

メディアに取り上げられたり、講演会も多くされているので、

ご存じの方もいらっしゃるかも??

 

ハットリは、障害のある人自身が、自分について研究する、

”当事者研究”をナマで見てみたい、というミッションとともに行ってまいりました。

 

おまつりでは、当事者研究の発表や、幻覚妄想大会など、

おもしろい催しごとがたくさん。

幻覚妄想大会の司会の女性の、

「わたし、ベジタリアンだから、焼き鳥屋を見つけて、

えいって、ひとつ(ちょうちんかなにかを?)壊しちゃいました♡♡」

というエピソードにみんな大爆笑。

 

障害ってなんだ?

健常ってなんだ?

治るってどういうこと?

援助って、なにをする/しないこと?

 

自分の価値観を揺り動かされる、

貴重な3日間でした。

 

ドリームワークスに戻ってきて改めて思うのは、

うちの利用者さんたち、べてるのみなさんの個性に、全然負けてない!

それぞれの個性を磨きあげ、皆がキラリと光る場所にしたい、と、

気持ちを確認しあった、職員なのでした。

 

******

追記

田口ランディさんのブログに、

「いま、べてるについて思うこと。」という記事があり、

なんといいますか、とても腑に落ちる内容です。

ご興味あれば検索してみてください。

ベンツを洗車!!

写真

 

おはようございます。ハットリです。

今日はドリームワークスのもうひとつの仕事、

洗車をご紹介します。

ドリームワークスでは、かるべの郷老人ホームの車の洗車や、

一般のお客さんの車の洗車を請け負っています。

 

なんとこの日は、ベンツの洗車!!

みなさん傷をつけないよう、ドキドキの洗車でした。

(もちろん、ベンツでなくても、丁寧に仕事しますよ☆)

私の車も汚くなってきたので、そろそろお願いしようかな~。

 

ドリームワークスは事業所がはじまって以来の、

4連休のお盆休みでした。

連休明けって、久しぶりにみんなの顔が見れてうれしい反面、

なんだか休みモードが抜けずにだるいところもありますね。

今週もゆっくりいきましょう。

お盆前のドリームワークスでは・・

写真

おはようございます。ハットリです。

どうですか?きれいでしょう。

 

お盆前の今、ドリームワークスでは、

アスターや女郎花(おみないし)などの盆花を販売しています。

利用者のMさんは、まるでもともと花屋さんだったような

手際の良さです。

 

かるべの郷の事業を大きくふたつに分けると、

高齢者介護と、障害者支援になります。

障害者支援事業のひとつであるドリームワークス

(就労継続支援B型事業所)には、

精神障害・知的障害・身体障害を持った方が通われ、

毎日仕事をされています。

 

今回ご紹介する「販売」の仕事のほかにも、

ドリームワークスでは、洗車、かるべの郷老人ホームの清掃、畑仕事、

クロネコヤマトのメール便配達などをしているんですよ。

 

ぼちぼちご紹介していきますね。